楽天経済圏とは?必須の楽天カードをお得に作る時期とやり方

アイキャッチ画像楽天カード
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク
主婦の疑問
主婦の疑問
  • 最近、ママ友から「今さらだけど楽天カードを作って楽天経済圏に移住したらポイントが貯まるようになったー」っておすすめされたんだけど、『楽天経済圏』ってそもそも何?
  • 昔から楽天市場で買い物はしてるけど、楽天カードは持ってなかったな~。

楽天経済圏とは、買い物や生活インフラを楽天グループにまとめて楽天ポイントを貯めることです。

実は、この記事で紹介する『楽天経済圏の概要と楽天カードをお得に作る方法』を知れば、誰でも簡単に楽天経済圏への移行を始められます。

なぜなら、お金にうとい筆者が実際に楽天カードを作っただけで、15,000ポイント以上のポイントをゲットしたからです。(キャンペーン時期によります)

この記事で分かること
  1. 楽天経済圏のざっくりした内容
  2. 楽天経済圏移行に欠かせない楽天カードをお得に(=より多くの楽天ポイントをゲットする)作る方法

この記事を読み終えると、楽天経済圏の基盤となる楽天カードをよりお得に作る方法を知ることができます。

「楽天経済圏」とは、生活インフラを楽天に集中してポイ活すること

「楽天経済圏」とは

楽天経済圏とは、生活に必要なサービスを楽天グループに集約することでポイント還元の倍率を上げ、たくさんの楽天ポイントを貯めることです。

貯めた楽天ポイントは現金代わりに使うことができるので、結果として支出が減り節約につながります。

なかなか収入アップが見込めないから

せめて支出を減らしたい!

  • 楽天グループのサービス数は70以上、30か国・地域でグローバル展開
  • 楽天グループサービス利用者数は約14億!
  • 2002年に開始した「楽天ポイント」サービスは、累計発行ポイントが2兆を突破。(2020年9月現在)           楽天(株)コーポレートサイトより

有名なのは、楽天市場、楽天ブックス・楽天Kobo・楽天トラベル

金融系は、楽天カード・楽天銀行・楽天証券・楽天Edy・楽天ペイ

生活インフラは、楽天モバイル・楽天でんき・楽天ひかり

生命保険・損保・ペット保険

カーライフ全般までいろいろあるよ~

筆者も調べてみて驚きましたが、これだけ数があると一体何から始めればいいのか分からなくなってしまいますよね。

また、いくら楽天ポイントをたくさん貯めたいといっても不要なサービスや今より高くなってしまうサービスを選んでは本末転倒です。

自分が必要なサービスを無理なく選ぶ。

これが楽天経済圏移行の大前提です。

楽天経済圏を始める流れ

楽天経済圏を始める流れ

最初に、楽天経済圏を始める流れを確認しましょう。

楽天経済圏に移行する流れは大まかに次の通りです。

楽天経済圏に移行する流れ
  1. 楽天会員に登録。
  2. 楽天カードを作り、支払い元にする。 楽天経済圏の要
  3. 日々のお買い物を楽天市場でまとめる。
  4. 無理のない範囲で楽天グループのサービスに移行する。
  5. 楽天ポイントがザクザク貯まる。
  6. 楽天ポイントを楽天サービスの支払いに使う。

    2まで終わってしまえば、あとは3~6を日常生活で繰り返すだけ!

上記の流れに沿って楽天経済圏に移行していきますが、今回は2の「楽天カード」のお得な作り方を筆者の実例をもとにご紹介いたします。

【初心者必見】楽天カードのスペック・ポイントのもらい方まとめ

まずは楽天ID/楽天カードを作ろう

まずは、楽天IDと楽天カードを作ります。

楽天IDをお持ちでない方は、まずはこちらからIDを取得してください。

クレジットカードの申し込みは楽天カードから簡単にでき、審査が通れば1週間ほどでお手元に届きます。

届いたカードは、

  1. スマホの楽天カードアプリ
  2. 会員専用オンラインサービス「楽天e-NAVI」

のどちらかにログインして、カード番号などを登録します。(楽天IDでログインできます)

このように簡単に作れ、通常でも入会特典ポイント5000ポイントがもらえる楽天カードですが、カードの申し込み時期・申し込み方法によってはさらにポイントアップが狙えます。

せっかく楽天カードを作るなら

できるだけたくさんポイントをもらいたい!!

入会特典ポイント上乗せキャンペーン時期に楽天カードを作ろう

楽天カードを作るおすすめの時期は、

楽天カード入会特典ポイント上乗せキャンペーンの開催中です。
(通常5000ポイント ⇒ 7000 or 8000ポイント

楽天カードは、年に何度かポイント上乗せキャンペーンを開催しています。

過去の開催パターンによると、キャンペーン時期は月の半ばの1週間程度。

楽天カードのポイント上乗せキャンペーン時期を過去パターンから予想したサイトをチェックしても良いですが、基本的には毎月のようにやっているキャンペーンです。

最大の8000ポイントを狙うのでなければ、そこまで気にしなくても良いでしょう。

ちなみに、筆者は8月の7000ポイントキャンペーンのときに申し込みました。

理由は、8000ポイント上乗せキャンペーンの時期が数か月後と予想されたためです。

もう少し早く手元に欲しい(=早く楽天経済圏に移行したい)と思ったことと、後述するポイントサイトを経由すれば年末まで待つ必要はないと判断しました。

\公式サイトをチェック!/

⇒ 楽天カード

ポイントサイトを経由すればポイントの二重取りができる

ポイントサイトを経由すればポイントの二重取りができる

※こちらは楽天会員とは別にポイントサイトを登録する方法なので、不要な方は読み飛ばしてください。

楽天カードをさらにお得に作る方法は、楽天カード公式の入会特典ポイント上乗せキャンペーンとポイントサイトのポイント還元を組み合わせる方法です。

筆者は、楽天カード申し込み時点で一番ポイント還元が高かったポイントサイト「ライフメディア」を選びました。

ライフメディアと楽天カード入会特典二重取りの流れ

  • 8/23




    8/28

    8/31

    ライフメディアに会員登録

    ライフメディアを経由して楽天カードの申し込み

    ライフメディアで8000ポイント還元!(キャンペーン時期により異なる)

    「楽天e-NAVI」で入会特典2000ポイントを申請、受け取り

ライフメディアのポイントは1P=1円でさまざまなポイント交換先があるのでポイ活デビューにおすすめです。

楽天ポイントと二重取りができるライフメディアって?お得な登録方法

まとめ:最初からポイントをザクザク貯めよう

最後にまとめです。

楽天カードのお得な作り方
  1. 楽天経済圏を今すぐ始めたい方 ⇒ ポイントサイトを経由してダブルでポイントをゲット
  2. ポイントサイトの登録は面倒な方 ⇒ 楽天で定期的に開催されている入会特典ポイント上乗せキャンペーン時期に申し込む
  3. 楽天カードの入会を急がない方 ⇒ 1と2を組み合わせて最大のポイントをゲットする。

この記事のやり方で楽天カードを作れば、より楽天ポイント(ライフメディアのポイント)をゲットできますので、ぜひお試しください。

>>公式サイトで詳しい情報を確認<<

⇒ 楽天カード

最後までお読みいただきありがとうございました。
記載内容は記事掲載時のものになります。キャンペーン内容や価格は変更している場合がありますのでご了承ください。
スポンサーリンク
楽天カード
スポンサーリンク
結衣をフォローする
楽天経済圏の道しるべ
タイトルとURLをコピーしました