楽天モバイルのスマホ下取りサービスを実際にやってみたレビュー

楽天モバイル
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

※2020年11月24日最終更新。下取り価格が確定後、楽天キャッシュにチャージされました!

今回のお悩み
今回のお悩み
  • 最近スマホを機種変更したんだけど、古い端末はどうしようかな?
  • 携帯ショップでリサイクル? フリマアプリで売る?
  • 新しい機種代の足しになる換金方法はないかな?

機種変更が無事済んだあなたは、旧スマホをどうしようかお悩みではないですか?

実は、この記事で紹介する『楽天モバイルのスマホ下取りサービス』を利用すると、簡単にお手持ちのスマホを下取りに出して楽天キャッシュがもらえます。

楽天モバイルユーザーじゃなくてもOK!

この記事で分かること
  1. 楽天モバイルの「スマホ下取りサービス」とは?
  2. 実際に自分のiPhoneを下取りに出した流れを紹介
  3. 5年使ったiPhoneはいくらになったのか??
  4. 楽天モバイルのスマホ下取りサービスの注意点

この記事を読めば、古いスマホを自宅から簡単に下取りに出せますよ!

!終了間近!

\今なら月額料金が1年間無料!

⇒ ご利用の流れ

楽天のスマホ下取りサービスとは?

楽天のスマホ下取りサービスとは、満18歳以上の楽天会員なら誰でも使えるスマホ下取りサービスです。

  • 手続き法方法は、Web申し込みのみ。
    ※2020年11月1日より、楽天モバイルショップでの下取り受付中止。
  • 下取り価格確定後、1ヶ月程度で楽天キャッシュにチャージされる。
    ⇒ 現金ではないので、すぐに現金化したい方には向かない。
  • 下取り製品の個人情報は、モバイル製品保守・検品の専門業者が適正に消去。
  • 旧スマホデータのバックアップ、引き継ぎは事前に行っておく。

楽天モバイル端末だけではなく、他社のスマートフォン・タブレットも取り扱っているのが嬉しい!

実際に、公式サイトで製品の下取り価格をチェックしてみましたが、他社のキャリアであっても良品であれば高額査定が付いていました。

特にiPhoneは、楽天スマホ下取りサービスであっても値崩れはしない印象です。
※画面・外装損傷を除きます。

下取り価格は、キャリア・SIMロックフリー・機種ごとに事前に公式サイトの価格表で確認できます。

今回機種変更に伴い、5年間使っていたiPhoneを下取りに出してみたので、実際の流れをまとめました。

スマホ下取りサービスの申し込み ⇒ 査定額チャージまでの時系列

まずは、実際の手続きにかかった時系列です。

スマホ下取りサービスの時系列(Web)
  • スマホ下取りサービスの申し込み:10/20
  • 郵便局から本人限定受取郵便の通知書がポストに届く:10/23
  • 本人限定受取郵便を受け取りに行く:10/24
    ※電話で自宅配達依頼も可能
  • 旧スマホデータのバックアップ、初期化後に同梱のレターパックで返送:10/24 
  • 実際の査定額の連絡:10/29
  • 楽天キャッシュのチャージ:「下取り価格確定のお知らせ」メールより1ヶ月程度予定
    ⇒ 11/24にチャージされました!

申し込みから下取り価格受け取りまで、だいたい1ヶ月半くらいですね。

楽天モバイル スマホ下取りサービスの実際の流れ

楽天モバイル スマホ下取りサービスは下記サイトから行います。

Webから申し込み

①スマホ下取りサービス 下取りのお申し込みはこちらをクリック。

下取りを開始するをクリック。

③楽天会員情報をスマホ下取りサービスに提供するか聞かれるので、OKをクリック。

楽天モバイル スマホ下取りサービスには、下記の楽天会員情報が提供されます。

  • 名前
  • フリガナ
  • ニックネーム
  • 性別
  • 生年月日
  • メールアドレス

④製品情報入力で、キャリアを選択。

格安SIMなので、「その他」を選びました。

楽天モバイル スマホ下取りサービス キャリア選択
楽天モバイル スマホ下取りサービス キャリア選択

⑤IMEI(端末識別情報)を入力すると、自動で機種が表示されるので、容量を選ぶ。

⑥画面・外装の状態を選ぶ。

5年使った機種ですが、画面の割れや外装のヒビ・目立った汚れはなかったので、良品にしました。

⑦下取り見積もり金額の確認し、同意して続行をクリック。

ここで下取りをやめることもできます。

あくまで自己申告の見積もり金額ですが、iPhone 6S(5年使用)が6,000円台となりました。

⑧住所・電話番号などを入力。

楽天モバイル スマホ下取りサービス 顧客情報入力
楽天モバイル スマホ下取りサービス 顧客情報入力

楽天会員情報は自動で入力されています。

新たに入力したのは、職業・郵便番号・住所・電話番号でした。

ここで「iPhoneを探す」を解除するように言われます。

設定から解除して続行します。

※iPhoneを探すを解除しないと先に進めません。

⑨下取りお申し込み完了!

「スマホ下取りサービスお申し込み完了のお知らせ」メールが届きます。

楽天会員であれば、個人情報はあらかじめ入力されているので簡単!

新たに入力するのは①キャリア、②製品情報、③製品の状態がメインです。

 

返送キットの受け取り、返送

申し込みから2、3日後に、郵便局から本人限定受取郵便の通知書が届きます。

筆者は郵便局に返送キットを取りに行きました。(身分証明書が必要です)

段ボール箱かと思ったら、A4サイズの封筒でした。

楽天モバイル スマホ下取りサービス 返送キット
楽天モバイル スマホ下取りサービス 返送キット

中に「下取り申込書」と下取り前の作業の説明があります。

データは新しいスマホに移行済みなので、さっそくiPhoneの初期化を行いました。

「こんにちは」が出てきたら初期化完了。緩衝材(プチプチ)も付いているので梱包します。
さようなら、5年使ったiPhone…。

最後に自筆で署名・身分証明書のコピーを貼付し、レターパックライトをポストに投函。

レターパックはポストから投函できるので、郵便局の窓口に行く必要はありません。

住所もプリント済みなので、最低限の作業で終わりました!

査定額の連絡(減額)、楽天キャッシュにチャージ

iPhoneを返送してから5日後、「下取り価格変更のお知らせ」のメールが届きました。(10/29)

「申告と実際の製品が違う」とのことで数百円の減額です。

長年使った端末なのでそのまま承諾し、下取り価格が確定されました。

ここで下取りをやめることもできます。

下取り確定価格は、メールから1カ月程度で楽天キャッシュにチャージされました。(11/24)

まとめ:機種変更したらぜひ「スマホ下取りサービス」を活用したい

最後にこの記事のまとめです。

今回のまとめ
  • 楽天モバイル「スマホ下取りサービス」は、楽天モバイル以外の端末も下取りOK。
  • 画面・外装に大きな損傷がなければ、思わぬ査定価格になるかも??
  • 楽天経済圏を活用していれば、楽天キャッシュの使い道もたくさん。
  • 新しい機種代の足しにもなって助かる!

この記事で解説する『楽天モバイル スマホ下取りサービスの手順』を実行すれば、お手持ちのスマホを簡単に楽天キャッシュに換えることができますよ!

!終了間近!

\今なら月額料金が1年間無料!

⇒ ご利用の流れ

最後までお読みいただきありがとうございました。
記載内容は記事掲載時のものになります。キャンペーン内容や価格は変更している場合がありますのでご了承ください。
スポンサーリンク
楽天モバイル
スポンサーリンク
結衣をフォローする
楽天経済圏の道しるべ
タイトルとURLをコピーしました